中性脂肪学会

第4回 学術集会 2021年12月4日(土)国立循環器病研究センター

第1回 中性脂肪月間 (2021) 2021年12月1日(水)〜12月24日(金)

ミールタイムバナー
大阪薬研株式会社 yakkenバナー
ナカライテスク株式会社バナー
東京化成工業株式会社バナー

一般社団法人中性脂肪学会 第4回学術集会・第1回中性脂肪月間(2021)
開催延期のご連絡とお願い

 この度、中性脂肪学会第4回学術集会を国立循環器病研究センターにおいて開催させて頂く、大会長の池田善彦でございます。
 これまで、橋本千佳子副会長、学会役員一同、学会事務局ともども、10月16日(土)のハイブリッド開催に向けて鋭意準備をして参りましたが、イベント開催の制限についても10月末まで延長される旨が発表されました。また、新型コロナウイルス感染症は感染力の強いデルタ株等の出現により、ここ数か月間は全国レベルでの医療提供体制逼迫が継続すると予想されます。一方で、昨今の学術集会では、オンラインにおける双方向性でのDiscussion機能がうまく設定できず、不完全燃焼となってしまった事例も見受けられます。学会と皆様にとって、学術集会の一番良い在り方を模索することは決して容易ではございませんが、「学術集会という学びの場をどうするか」は、大切な問題です。学術集会は、研究の振興とその普及を図るという大前提のもと、意見交換や議論に耳を傾け、その学術活動を社会に発信するためにも必要な場と考えております。
 本会の開催にあたっては、対面での現地参加とWEB参加を組み合わせたハイブリッド開催の可能性を模索していることから、現況を鑑み、このたびの第4回学術集会の10月開催を断念し、やむなく開催日を 本年12月4日(土)へ延期すること、12月4日(土)からの更なる延期はしないことと決定致しました。(第1回中性脂肪月間(2021)については、12月1日(水)~12月24日(金)の開催とさせていただきます。)
 これまで参加登録して頂いた皆様ならびに参加を予定頂いている皆様、ご支援頂いている企業の皆様、中性脂肪学会員の皆様には、何卒、ご理解と引き続きのご支援をよろしくお願い申し上げます。また、長い時間をかけて準備をし、困難な状況の中でも全力で学会構築・運営に当たっていただいております橋本千佳子副会長をはじめとして、大阪大学中性脂肪学共同研究講座関係者の皆様には改めて感謝申し上げます。
 今回の学術集会が当学会にとりましても、今後の学術集会の試金石となることも予想されます。初めての試みですので何かと至らぬ点があるかもしれませんが、未曾有の事態の中での開催ということで、ご寛恕のほどお願い申し上げます。具体的な開催形式につきましては、今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑みて運用方針を決定して参ります。このように困難な社会的状況ではございますが、皆様におかれましては是非万障お繰り合わせの上、積極的な参加登録をお待ち申し上げます。

2021年8月30日

第4回学術集会 大会長 池田善彦
第1回中性脂肪月間(2021) 会長 小林邦久


ご挨拶

この度、中性脂肪学会第4回学術集会を国立循環器病研究センターにおいて担当させて頂く池田善彦でございます。このような機会をいただきましたことを、大変光栄に存じます。
本学術集会は、現地開催とWeb開催のハイブリッド形式で開催させていただく予定としておりますが、具体的な開催形式につきましては今後の新型コロナウイルス感染拡大の状況に鑑みて運用方針を決定して参りますので、皆様におかれましては是非万障お繰り合わせの上、ご参加いただきたいと存じます。昨年度はコロナ禍の影響に伴う中止により、2年ぶりの開催ということになりますが、前回とは大きく社会情勢が異なっており、新たな with-corona時代における学会開催のあり方が問われる学術集会ともなると考えます。細心の注意を払って皆様に安心してご参加いただける環境を整備する所存です。
医学の発展は、基礎・臨床研究により明らかとなった原因とその病理形態像を基にした病理診断を基本とすることにより、現代の医学が確立されてきました。近年、循環器病の臨床では心エコー図法、造影法、核医学検査、CT検査、MRI検査など形態診断面の進歩が著しく、その中で、心血管病理は種々の臨床症状や検査所見と対比してみて、はじめて深い洞察が可能となる点が他の臓器より一層甚しい様に思われます。中性脂肪蓄積心筋血管症も、この無謬性の上に発見されました。このような背景を鑑み、本学術集会のテーマを『我が国で発見された難病!中性脂肪蓄積心筋血管症の病理と臨床』とさせていただき、中性脂肪蓄積心筋血管症(Triglyceride deposit cardiomyovasculopathy, TGCV)の発見から、その臨床像、診断法、治療法、予後、患者会での取り組みなど、多方面からのアプローチと議論を深めることにより、また、最先端の研究内容を取りあげることにより、さらに世界へ情報発信していくことを目指そうと考えています。
演題としては、トピックとして最新栄養療法シンポジウム、教育プログラム、優秀一般演題のほか、特別講演、TGCV克服シンポジウム(厚生労働省/AMED研究班、TGCV患者会共催)を用意いたしました。特別講演はPMDA理事長 藤原康弘先生にお願いし、PMDAの取り組みについて講演されます。シンポジウムは、なるべく多くの皆様に興味を持っていただけるよう、広範な領域をバランスよく網羅するよう配慮しました。ご多忙の中、シンポジウム企画の労を取ってくださったオーガナイザーの先生方に心から御礼申し上げます。
本学術集会の開催にあたっては、皆様方に楽しんでいいただけるよう、橋本千佳子副会長をはじめとして、大阪大学 循環器内科 中性脂肪学共同研究講座関係者から全面的なご協力をいただきスタッフ一同準備に励んでおります。至らぬ点も多々あるかと存じますが、ご寛恕のほどお願い申し上げます。どうぞお誘いあわせの上、ご参集いただきますようお願い申し上げます。
10月の大阪は暑さも和らぎ、秋澄む涼しさの中で学術的討議、情報交換をするには最適の季節です。新型コロナウイルス感染症がどの様な状況となっているかは予想できませんが、時代に順応した学術集会のあり方の一つを皆様に提供できれば幸いに存じます。秋の大阪での学術集会を満喫していただくことを祈念しております。

2021年7月16日

中性脂肪学会 第4回学術集会
大会長 池田 善彦

みなさまは「中性脂肪」という言葉にはなじみがあると思います。特定健診(いわゆるメタボ健診)や人間ドックなどで必ず測定される項目ですよね。中には高いと言われた方もおられると思います。平成29年度特定健診の結果によると男性の28%、女性の12%が中性脂肪150mg/dl以上の「高中性脂肪血症」とされています。
中性脂肪が高いとなぜいけないのでしょう? なぜ高くなるのでしょう? どうしたら下がるのでしょう? 生活では何に気をつけたら良いのでしょう? 中性脂肪が原因となって起こる病気にはどのようなものがあるのでしょう? またその原因や治療法は?
実はこれらについては、よくわかっていないことが多くあるのです。そこで中性脂肪のことをもっと知りたいという人が全国から集って「中性脂肪学会」をつくり、10月第3土曜日(今年は10月16日)に学術集会をおこなっています。そこでの話し合いで中性脂肪が心臓・血管・腎臓・肝臓などの全身の臓器に影響をおよぼしていることがわかってきました。なかでも「中性脂肪蓄積心筋血管症」という重い病気については診断法・治療法を急いで確立しなければいけないと懸命に努力を続けています。
今年からは10月を「中性脂肪月間」として、中性脂肪、そして中性脂肪が関与する病気について現在わかっている最新の情報や知識を発信していくことになりました。Webオンデマンド配信で全国どこからでも視聴できます。ぜひあなたもこの不思議な「中性脂肪」について学ぶ仲間に加わってください。

2021年7月16日

第1回中性脂肪月間 (2021)
会長 小林 邦久

開催概要

会期
<第4回学術集会>

2021年10月16日(土) 9:00 ~ 18:00

2021年12月4日(土) 9:00 ~ 18:00

<第1回中性脂肪月間 (2021)>

2021年10月1日(金) ~ 10月31日(日)

2021年12月1日(水) ~12月24日(金)

大会役員

<第4回学術集会>
大会長 池田 善彦 (国立循環器病研究センター 病理部)
副大会長 橋本 千佳子 (中性脂肪蓄積心筋血管症 患者会 代表世話人)

<第1回中性脂肪月間 (2021)>
会長 小林 邦久 (福岡大学筑紫病院 内分泌・糖尿病内科)

会場

<現地開催>
国立循環器病研究センター エントランス棟 3階講堂
〒564-8565 大阪府吹田市岸部新町6番1号
TEL:06-6170-1070(代) URL: http://www.ncvc.go.jp/

<Web開催>
ライブ配信及びオンデマンド配信形式(全国各所から視聴参加)

会議の目的と
開催意義

中性脂肪に関連する研究者、医療関係者、学生、企業関係者及び一般市民を国内外から集め、研究発表、情報交換、市民講座を実施する。また、一か月を通し中性脂肪に関する健康啓発活動を行う。

プログラム

第4回学術集会 プログラム概略

テーマ「わが国で発見された難病!中性脂肪蓄積心筋血管症(TGCV)の病理と臨床」
大会長:国立循環器病研究センター 病理部 池田 善彦

2021年12月4日(土) 9:00 ~ 18:00

9:20 - 9:30
《大会長挨拶》国立循環器病研究センター 病理部 池田 善彦
9:30 - 9:40
《来賓挨拶》国立循環器病研究センター 理事長 大津 欣也
9:40 - 10:00
《会長講演》

TGCVの病理 -心血管病理医の道-

大会長
国立循環器病研究センター 病理部 池田 善彦
座長
国立循環器病研究センター 移植医療部 福嶌 教偉
10:00 - 11:30
《最新栄養療法シンポジウム》

補助療法と捉えられてきた栄養療法の位置づけが変化してきている。
近年、難病やがん等に対して画期的な治療効果を示すことも明らかになってきた。
「サポーターから主役」へもなり得る栄養療法の実例についてとり上げる。

難病・がんと栄養療法 -サポーターから主役へ-

座長
日本医療研究開発機構 ゲノム・データ基盤事業部 芳賀 めぐみ
座長
大阪大学 中性脂肪学共同研究講座 平野 賢一

進行がん 大阪大学 先進融合医学共同研究講座 萩原 圭祐

難治性てんかん 大阪大学 小児科学 青天目 信

腹部大動脈瘤 近畿大学農学部 応用生命化学科 財満 信宏

急性心不全 大阪労災病院 栄養管理部 西條 豪

遺伝性長鎖脂肪酸・グリコーゲン代謝異常症 岩手県立胆沢病院 小児科 長坂 博範

11:30 - 12:00
《ファイザー教育プログラム》

アミロイドーシスを含めた二次性心筋症の診断病理-TGCVとの鑑別

座長
日本大学医学部病態病理学系 人体病理学分野 羽尾 裕之
症例提示
国立循環器病研究センター 心不全科 岡田 厚
病理解説
国立循環器病研究センター 病理部 池田 善彦
12:00 - 13:20
昼休憩
13:20 - 14:00
《優秀一般演題 3題》
座長
近畿大学農学部 財満 信宏
座長
大阪大学医学部附属病院 高度救命救急センター 清水 健太郎
14:00 - 14:20
《特別講演》

4つのFの実現に向けたPMDAの取組み

医薬品医療機器総合機構 (PMDA) 理事長 藤原 康弘

座長
一般社団法人中性脂肪学会 代表理事 平野 賢一
14:20 - 17:00
《TGCV克服シンポジウム》

厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患政策研究事業/日本医療研究開発機構 難治性疾患実用化研究事業研究班、TGCV患者会共催

中性脂肪蓄積心筋血管症を1日でも早く克服する -None left behind-

座長
国立循環器病研究センター 副院長 野口 輝夫
座長
大阪保健福祉専門学校 副学校長 三井 佐代子
(前国立循環器病研究センター 看護部長)

TGCVオーバービュー 代表研究者 平野 賢一

TGCVと診断された患者/家族のサポート TGCV患者会 橋本 千佳子

特発性TGCVの臨床像 千葉大学 循環器内科学 宮内 秀行

TGCVの心血管リスク 愛知医科大学 循環器内科 天野 哲也

TGCVに対する静岡県の取り組み 静岡市立静岡病院 循環器内科 川人 充知

17:00 -
《表彰式》《閉会挨拶》
18:00 - 20:00
《スポンサードシンポジウム》 (オンデマンド配信)(配信時間限定)

BMIPP心筋シンチグラムの基礎とTGCVへの応用(日本メジフィジックス株式会社)

亀岡病院 細川 了平

旭川医科大学 放射線医学講座 沖崎 貴琢

千葉大学 循環器内科学 宮内 秀行

金沢大学 機能画像人工知能学 中嶋 憲一

第1回中性脂肪月間 (2021) プログラム概略

テーマ「今日から使える!中性脂肪の知識」
会長:福岡大学筑紫病院 内分泌・糖尿病内科 小林 邦久

2021年12月1日(水) ~12月24日(金)

オンデマンド配信コンテンツ

  • 第1回中性脂肪月間 (2021) 開催宣言

    福岡大学筑紫病院 内分泌・糖尿病内科 小林 邦久

  • ラウンドテーブルディスカッション「コロナに負けないために!」

  • 中性脂肪蓄積心筋血管症 (TGCV)を如何に診断するか -TGCV診断基準2020-

    大阪大学 中性脂肪学共同研究講座 平野 賢一

  • 中性脂肪学会に何を期待するか(対談)

    大阪大学 中性脂肪学共同研究講座 平野 賢一

  • 中性脂肪ってなに? はたらきや疾患との関わりを中心とした中性脂肪の基礎知識

    近畿大学農学部/近畿大学アグリ技術革新研究所 財満 信宏

  • 生体調節機能をもつ中性脂肪 MCT と魚油は特別な中性脂肪?

    近畿大学農学部/近畿大学アグリ技術革新研究所 財満 信宏

  • 本当は怖い脂肪肝

    大阪大学 生体物理工学講座 鎌田 佳宏

  • 血液検査結果の見方ABC −検査結果は健康管理への道しるべ−

    浜松医科大学医学部附属病院 検査部 鈴木 朗

  • 慢性腎臓病って何? 健康診断で腎臓が悪いと言われた時

    兵庫医科大学循環器・腎透析内科 長澤 康行

  • TGCV患者会のことを知ろう!

    TGCV患者会 橋本 千佳子

  • 臨床検査の実状 ~採血された血液はこう検査される!~

    大阪大学医学部附属病院 医療技術部 前田 育宏

  • 心臓核医学検査をご存じですか?

    千葉大学医学部附属病院 循環器内科 宮内 秀行

  • 中性脂肪と病院薬局 ~中性脂肪を医薬品でコントロール~

    大阪大学医学部附属病院 薬剤部 西川 満則

  • 中性脂肪と薬局:中性脂肪とセルフケア ~一般用医薬品や健康食品を用いて~

    武蔵野大学 大室 弘美

  • これからの医療はどう変わるか~地域から考える新しい生活様式の提案~

    呉医療センター・中国がんセンター 総合診療科 中村 浩士

  • 大規模災害を想定した災害時多目的船(病院船)艤装構想~救える命をひとりでも多く救うために~

    呉医療センター・中国がんセンター 総合診療科 中村 浩士

  • 離島・へき地におけるICT利活用の現状と地域包括ケアシステムの推進

    呉医療センター・中国がんセンター 総合診療科 中村 浩士

※講演内容及び配信コンテンツは変更となる可能性があります。最新のプログラムをご確認くださいますようお願い致します。

参加・演題登録

参加登録

参加申し込み期間

8月2日(月)~ 12月18日(土)

参加申し込み方法

参加者(現地参加の方、Web参加の方)は下記参加申込ページより、参加登録をお願い致します。
現地会場のみ参加の方も本Webサイトより参加申込をお願い致します。

参加費(中性脂肪学会 第4回学術集会・第1回中性脂肪月間(2021))

医師・⻭科医師・⼤学教員・企業関係者・国公⽴研究所管理職5,000円
研修医・レジデント・専⾨修練医・医療従事者(医師除く)・アカデミア研究員等3,000円
⼤学院⽣・⼤学⽣・その他学⽣・上記職種以外の一般参加者の方1,000円

事前参加申し込み受付中。

演題登録

演題登録期間

7月1日(木)~ 8月16日(月)

→ 10月6日(水)正午 まで 延長しました。

→ 演題募集は締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。

演題登録方法

一般演題募集要領をご確認の上、演題登録用紙(一般演題)に必要事項を記入し、演題登録専用メールアドレスにお送りください。
(ご提出の演題が採択された場合、参加登録が必要ですので、上記「参加申し込みはこちら」より申込及び参加費の支払いをお願い致します。参加登録が確認できない場合は、発表出来ませんのでご注意ください。)

e-mail:endai@tgbm.org



ご入会はこちら
※中性脂肪学会HPに移動します。

お知らせ

2021年10月7日
中性脂肪学会 YouTubeチャンネルを開設いたしました。
2021年10月6日
演題募集を締め切りました。多数のご応募ありがとうございました。
2021年9月13日
新型コロナウイルス感染症における、緊急事態宣言延長の影響により、第4回学術集会・第1回中性脂肪月間(2021)を延期いたしました。
2021年8月2日
第4回 中性脂肪学会学術集会/第1回 中性脂肪月間 (2021)事前参加登録を開始いたしました。
2021年7月16日
第4回 中性脂肪学会学術集会/第1回 中性脂肪月間 (2021)サイトをオープンしました。

お問い合わせ

本学会に関するお問い合わせ

一般社団法人 中性脂肪学会 第4回学術集会・第1回中性脂肪月間 (2021) 事務局
〒565-0874 大阪府吹田市古江台6-2-4
理化学研究所 生命システム研究センターB棟 大阪大学 平野研究室 内
TEL : 080-2527-7722 (学会専用)
E-mail : office@tgbm.org

参加登録に関するお問い合わせ

ジーワン株式会社(担当:前島)
TEL : 080-8450-7223
E-mail : maeshima@g-1.ne.jp
〒564-0018 大阪府吹田市岸部新町6-1
国立循環器病研究センター オープンイノベーションセンター4F サイエンスカフェ

※お問い合わせについて: テレワーク実施中につき、メールでのお問い合わせをお願いしております。